おもちゃの黎明史

子供から大人まで、多くの人を魅了してきたのが「おもちゃ」という存在です。
子供にとっては遊具であり、大人にとってはコレクションであり、これまで様々なおもちゃが生まれては消えていきました。
時代によってテクノロジーの変化もあり、様々なものが変わる変わる流行してきたのを覚えている人も多いでしょう。
ただ、実際おもちゃの歴史というのはそこまで把握していない人も多いのではないでしょうか。
そこでここでは、日本の歩んできたおもちゃの歴史について紹介します。
まずこのページでは「おもちゃの黎明史」として、戦前のおもちゃにどのようなものがあったのかについて紹介します。

日本においておもちゃと呼ばれるようなものが登場することになったのは1872年頃、明治にして5年頃であると言われています。
この時期になると海外との貿易が盛んになり、西洋のものが入手できるようになりました。
当時西洋で流行していたブリキ製の金属おもちゃがこの時代から出回るようになります。
とはいえ、この時代はまだまだ高価なもので、一般層にまで行き渡るものというわけではありませんでした。
そんな中で、一般層でも購入が可能なおもちゃとして登場したのが「トランプ」です。
明治18年頃に輸入され、様々なトランプゲームが日本中で流行しました。
トランプは現在においても子供から大人まで楽しむことができるおもちゃの一つとなっています。
ギャンブルにも多く利用される、ゲーム性の高いものであることがわかります。



▼注目サイト
コレクションする楽しみがあるガチャガチャの通販専門サイトです … ガチャガチャ